専門家に相談する際に注意する5つのポイント

NPO専門家の選び方

地元でNPO専門ではない先生に依頼をしてしまったためにお金と時間、労力の無駄使いに終わってしまった…という方からご相談をいただきました。このような思いをされる方を1人でも減らしたいので今回、専門家に依頼する際の注意点をまとめてみました。

地元だからというだけで依頼するのは危険

スマホやタブレット端末を持っているのはいまや当たり前で、これだけSNS(Facebook、Line、ブログ等)が発達している現代。ビジネスにおいてもプライベートにおいても、物理的な距離の壁を感じることはほとんどなくなったと言えるのではないでしょうか。

そんな現代社会において、皆さまは「ただ近いから」という物理的な理由だけで、素人に毛が生えた程度の人を「専門家」とみなして、相談や依頼をしてしまってはいませんか?

これはあくまで私個人の意見ですので、皆さまのお考えと必ずしも一致することはないでしょうし、私個人の意見を押し付けるつもりもありません。ただ、この記事をお読みいただいた皆さまには間違った選択をしてほしくないので、このような記事を書くことにしました。

NPOを専門にしている行政書士は数少ない

以前、県外の方からNPO法人設立についてご相談をいただきました。その方は当初、ご自身のお住まいの地域にいらっしゃる行政書士の先生にNPO法人設立の相談をされたそうです。その先生としては商売ですから「NPO法人の設立できますよ、任せてください!」とNPO法人設立実績がなくてもそう言うわけです。

行政書士なのにNPO法人設立申請書類を作成した経験がないの?と思われるかもしれませんが、経験がない行政書士の方が圧倒的に多いと思います。なぜかというと行政書士の取扱業務は1万種類以上あると言われており、それだけ膨大な手続き、書類作成すべてについて精通している先生など存在しないからです。行政書士それぞれ、その1万種類以上の中から自身の得意分野、専門分野についてサービスを提供していくか、広く浅く「何でも屋」になるか、どちらかなのです。

ですから、私のようにNPO法人や一般社団法人などの非営利組織の設立を専門としている行政書士もいれば、建設業許可や相続手続きを専門にしている行政書士もいるわけです。私のようにホームページ等で「NPO専門」といっていればまだ分かりやすいですが、「行政書士だけれど何の専門か分からない」という行政書士事務所も数多く存在しています。

ここまで書くと皆さまもうおわかりかと思いますが、ご自身のお近くにいらっしゃる先生が、必ずしも皆さまの考える専門家であるとは限らないということです。相談したら「できます、任せてください!」と言われるかもしれませんが、その先生は建設業や相続手続きに詳しいけれど、NPOについては素人同然ということもあるということです。

専門でない人に相談することのリスク

さて、私のところに相談にこられた方は、当初、地元でNPO専門ではない先生に依頼をしてしまったためにお金と時間、労力の無駄使いに終わってしまいました。その後、私の方で手続きをやり直し、現在ではご自身のやりたい事業をNPO法人でされていらっしゃいます。

冒頭で述べたように、物理的な距離は重要ではありません。NPO法人の申請は電子申請できる自治体も増えてきましたし、電子申請できない自治体には書留郵便で確実に申請すれば良いのです。ここまでお読みになった方で、それでも地元で顔と顔を合わせて相談できる先生がいいという場合は、以下のチェックポイントを参照していただき、ご納得の上で決定してください。

いくら地元で近くても、そもそもその先生がNPO分野に精通していなければ、何度相談しても時間と労力の無駄に終わってしまいます。下手をすると間違ったアドバイスをされたり、取り返しのつかないことにもなりかねませんから注意してくださいね。

相談・依頼をする際の5つのポイント

あなたが相談・依頼する相手先は…

①その先生は、NPOやソーシャルビジネスの分野に精通されていますか?
②その先生は、書類手続きのみでなく、事業が上手くいくような提案をしてくれますか?
③その先生は、社会起業家が集まる勉強会などに参加して現場の声を聴いていますか?
④その先生は、NPO法人に精通している他士業(税理士等)を紹介してくれますか?
⑤提示された報酬額には登記費用は含まれていますか?(追加費用は発生しませんか?)

 

人と人の付き合いですから、性格が合う合わないといった要素もあるかと思いますが、最低限、上記のチェックポイントは押さえておきたいですよね。

近くの素人より遠くの専門家

今回、記事にした内容は何もNPO法人に限ったことではありません。皆さまが何かお困りの際に誰に相談、依頼したら良いのかを考えるひとつの判断材料として頭の片隅に置いておいていただければ幸いです。

近くの素人より遠くの専門家。

私はそう考えています。

 


 

 NPO法人で社会起業を志す方は必見です!

申請書類作成からNPO法人誕生までのポイントを押さえよう!

>>NPO法人のつくり方

現役NPO法人理事長の生きた言葉から運営ノウハウを学ぼう! No.5まで発行中!

>>NPO法人理事長インタビュー集「NPOエール」

この記事の著者

NPO専門行政書士 東 真稔(ひがし まさとし)昭和53年5月25日生まれ 愛知県出身。

社会人時代にNPO法人の運営に長年携わっていた経験を活かし、現在は石川県金沢市にてNPO法人、一般社団法人で社会起業を目指す方々を行政書士の立場から支援している。また、金沢の大学にて「大学生が3年間かけてやりたいこと・なりたいものを見つけるキャリアアップ講座」の非常勤講師を担当。幅広い分野で活動中。

趣味はサッカー観戦、娘と公園やカフェでデート、風景画。

東真稔オフィシャルブログ「NPO専門行政書士の歩み☆毎日がSailing Day」更新中。