【結婚記念日】10年目のありがとう

NPO法人の書類作成

今日9月25日は我が家の結婚記念日。今年でひとつの区切りとなる10年目となりました。慌ただしい毎日に追われて忘れがちな感謝の気持ち。忘れずに持ち続けていたいですね。

長崎のハウステンボスにて挙式

9月25日、10回目の結婚記念日でした。10年目はスウィート10ダイヤモンド!というわけにはいきませんでしたが、いつも利用している花屋さんでお祝いの花を創っていただき、家族でひそかに結婚記念日のお祝いをしました。

私は10年前のこの日に、長崎県のハウステンボスで式を挙げました。私も妻も結婚披露宴や海外旅行にあまり興味がなかったこともあり、新婚旅行を兼ねて、ハウステンボスで式を挙げて記念写真くらいは撮っておこうということになりました。当日はたしか台風接近中で、皆さまからのお祝いの花びらが強風にあおられ、顔にビシビシ当たっていたことを思い出します(笑)

その時は2人だった家族も今では1人増えました。

当たり前は当たり前じゃない

もう10年になるのかという思いもありますが、振り返ってみると本当に様々なことがありました。会社員勤めから行政書士として独立するという、人生の転機を迎えるような出来事もありました。

毎日毎日の生活が当たり前のように感じてしまうことは誰しもあるかと思います。でも、その当たり前は決して当たり前ではなく、たくさんの人達の支えられて成り立っています。

その中でもやはり家族との時間は、私にとってかけがえのない大切な時間です。私は会社員時代、体調を崩して休職していた時期があります。その時も一番の支えになってくれたのは、やはり妻であり、娘でした。

日が変わるまで仕事に明け暮れていた毎日から、自分の人生を犠牲にしない、もっと自由な生き方を選択するきっかけとなったのも家族の存在でした。そして今の自分が在ります。

当たり前は当たり前じゃない。

慌ただしい毎日の連続で忘れてしまうこともあるでしょう。常に念頭に置いておけとうのも現実問題、難しいと思います。だから誕生日、記念日、きっかけは何でもいいです。いつでもこの言葉を取り出せるように心の中でそっと大切に温めておきたいですね。

次の10年はどんなことがあるのかなと思いつつ、ずっと支えてくれている家族にあらためて感謝する1日となりました。

10年目に感謝を込めて…。今日はちょっとプライベート記事を書いてみました。

 

 

結婚記念日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 NPO法人で社会起業を志す方は必見です!

申請書類作成からNPO法人誕生までのポイントを押さえよう!

>>NPO法人のつくり方

現役NPO法人理事長の生きた言葉から運営ノウハウを学ぼう! No.5まで発行中!

>>NPO法人理事長インタビュー集「NPOエール」

専門家に依頼する前に必ずお読みください!

>>専門家に依頼する際に注意すべき5つのポイント

この記事の著者

NPO専門行政書士

 

 

 

 

NPO専門行政書士 東 真稔(ひがし まさとし)昭和53年5月25日生まれ 愛知県出身。

社会人時代にNPO法人の運営に長年携わっていた経験を活かし、現在はNPO法人、一般社団法人で社会起業を目指す方々を行政書士の立場から全国的に支援している。また、金沢の大学にて「大学生が3年間かけてやりたいこと・なりたいものを見つけるキャリアアップ講座」の非常勤講師を担当。幅広い分野で活動中。

趣味はサッカー観戦、娘と公園やカフェでデート、風景画。

東真稔オフィシャルブログ「NPO専門行政書士の歩み☆毎日がSailing Day」更新中。