NPO法人代表者インタビュー「NPOエール」No.002発行しました

NPO法人クラブぽっと

「NPO法人に興味がある」、「社会起業を考えている」…けれど不安や迷いもいっぱい…。そんな方々の不安や迷いを少しでも解消するためにNPO法人を運営している方々にインタビューを行い、生きた言葉を掲載していきます。これからNPO法人を立ち上げようと考えている方々に石川県金沢市よりエールをお届けいたします!

第2回目となる今回のインタビューはこちらのNPO法人様です。

No.002「NPO法人クラブぽっと様」

【団体概要】
団体名:NPO法人クラブぽっと
事業開始年月:2013年6月(事業開始は6月、設立は4月です)
所在地:石川県金沢市
代表者:佐川哲也
URL: http://morispo.sa-suke.com/
事業目的:地域住民に対する運動・スポーツ活動と文化活動の振興に関する事業を行い、会員の資質向上及び会員相互の親睦と交流を図り、子どもたちをはじめ地域住民の健全な心身の育成に寄与すること、健康あふれる楽しいまちづくりに貢献すること。

【インタビュー実施日:2014年12月】
聞き手:ひがし行政書士事務所 代表 東 真稔(ひがし・まさとし)
話し手:NPO法人クラブぽっと マネージャー 森 亮太(もり・りょうた)さん

■ 社会的責任をとるという覚悟が、法人設立のきっかけに

東)クラブぽっとさんは2013年の4月がNPO法人の設立ですが、それ以前から任意団体で活動をされていたんですよね?
森)はい。「杜の里スポーツクラブ」という名前で任意団体を設立したのが2009年の3月ですから、4年間くらい任意団体で活動していました。

東)そもそも任意団体としてスポーツクラブの活動をはじめたのはなぜですか?
森)当時、国が行政主導の公共サービスではなく、地域住民が自主的に運営する総合型地域スポーツクラブの設立を推進しているという話を聞きまして・・・ああ面白そうだなと思ったら、たまたま当時県の事業担当者が知り合いだったんです。そこでやってみたらどうかと言われまして(笑)

東)なるほど、そこで興味ある方たちを集ってスタートされたということですか?
森)ええ。地元の大学教授や大学生、地域の方にも声をかけ当初は15名ほどのスタッフで任意団体を立ち上げました。

東)任意団体から法人にしたのは何か理由があったのでしょうか?
森)任意団体でも事業は機能していたので、法人化を急いでいた訳ではなかったんです。ですが、活動が本格化していくにつれ、次第に扱うお金の金額が大きくなっていったのがひとつのきっかけになりましたね。任意団体だと、何かあった時に個人の責任になってしまうので、法人化して社会的責任をとるべきだと思ったんです。

東)法人形態では最初からNPOにしようと?
森)いいえ。候補としてあがったのはNPO法人と一般社団法人、株式会社などです。そこからそれぞれの法人形態を調べて、自分たちの目指す理念や社会的責任、社会的信用面などと照らし合わせて判断しました。ほかに社会的認知度や信頼度の点から見てもNPO法人がいいという声が多かったです。

東)“なんとなく”ではなく、しっかりと理念に沿ったものを選んだ結果がNPOだったということですね。移行はすんなりといきましたか?
森)団体の時から組織のあり方や理念、それぞれの立場や役割といったものは明確にあったので、そのままスムーズに移行できました。

■ 今後の課題は助成金が終わった後の資金確保

東)NPO法人になって、一番苦労しているのは何ですか?
森)やっぱり資金の確保ですかね(笑)

東)やっぱり資金ですか(笑)助成金などの状況はどうでしょう?
森)5年間はスポーツ振興の助成金がありましたので、それをもとに事業展開をすることができました。しかし、6年目の今年からは助成金はもらえないので、自分たちでなんとかするしかありません。法人として人件費や税金の支払いは当然あるので、今後の資金に関してはどうしても厳しい見方になりますね。

東)新たにほかの助成金を探すということも?
森)もちろん、条件さえ整えばそれもアリだと思います。ただ、金沢市の場合は市内全域をカバーする事業でないと委託事業の対象にならないものが多いんです。私たちの事業規模だと市内全域をカバーするのは難しいので、狙える委託事業がないというのが現実です。

東)なるほど。ほかに苦労していることはありますか?
森)うーん、これはNPO法人全体に言えることなんですけど、“NPO法人=ボランティア団体”とか、“NPO法人=収益を出してはいけない”など、NPOに対して間違った認識があるのが残念です。

東)ああ、そういった認識はけっこうありそうですね。NPOも法人なので採算がとれる事業をしなくてはいけないのですが・・・。
森)そう、この誤解に苦しんでいるNPO法人ってけっこう多いんじゃないでしょうか。例えば民間と同じクオリティのサービスを提供していても「一般企業よりNPOは安いはずだ」みたいに思われるのは、ちょっと違うでしょうと言いたいです。

東)その辺りはNPO法人全体でもっとPRして、誤解を解いていく必要がありそうですね。

>>インタビューの続きを読む

【ウェブサイト「NPOエール」とは】

「NPO法人に興味がある」、「NPO法人の立ち上げを考えている」…など、NPO法人に興味を持っている方々の不安や迷いを解消しようと、石川県のひがし行政書士事務所代表、東真稔が立ち上げたウェブコンテンツ。実際にNPO法人を運営している方々にインタビューした生きた言葉を掲載し、これからNPO法人を立ち上げようと考えている方々にエールを届けることを目的としている。