NPO法人代表者インタビュー「NPOエール」No.003発行しました

NPO法人ガイア自然学校

「NPO法人に興味がある」、「社会起業を考えている」…けれど不安や迷いもいっぱい…。そんな方々の不安や迷いを少しでも解消するためにNPO法人を運営している方々にインタビューを行い、生きた言葉を掲載していきます。これからNPO法人を立ち上げようと考えている方々に石川県金沢市よりエールをお届けいたします!

第3回目となる今回のインタビューはこちらのNPO法人様です。

No.003「NPO法人ガイア自然学校様」

【団体概要】
団体名:NPO法人ガイア自然学校
事業開始年月:2007年3月
所在地:石川県金沢市
代表者:成田裕
URL: http://gaia-ns.com/web/
事業目的:あらゆる世代に対して、自然体験及び環境教育活動を中心とした環境問題に関心のある人材の育成に関する事業を行い、循環型社会の形成に寄与することを目的とする。

【インタビュー実施日:2015年1月】
聞き手:ひがし行政書士事務所 代表 東 真稔(ひがし・まさとし)
話し手:NPO法人ガイア自然学校 代表 成田 裕(なりた・ひろし)さん

■ 「とにかくやりたかった」その気持ちだけで活動をスタート!

東)NPO法人ガイア自然学校さんは2007年の3月がNPO法人の設立ですが、実はそれ以前から任意団体で活動をされていた・・・となると、活動はかなり長いですか?
成)ええ。任意団体は2005年に立ち上げているので、そこから数えると10年くらいになりますね。

東)当初は会社勤めしながら団体活動をされていたそうですが?
成) 2006年くらいまで会社勤めしながら、月1,2回程度の活動をしていました。

東)お勤めしていたのは、どういったお仕事の会社だったんですか?
成)京都の進学塾でした。

東)え?京都で先生をされていたということですか?
成)いやいや、先生ではないです(笑)。そこの進学塾は「学びには自然体験も必要だ」というポリシーがあって、なぜか石川県の能登島にキャンプ場を持っていて・・・で、自分がその能登島のキャンプ場を管理していました。

東)じゃあ、その時から今の自然学校に近い体験をしていたんですね。
成)そう、一家で移住してすっかり馴染んでいたんですよ。なので、会社から「キャンプ場はもういいから、京都に引き上げてこい」と言われた時に、会社を辞めてキャンプ一本でやっていこうと決心しました。

東)サラリーマンを退職して任意団体を始められたわけですが、それはキャンプで事業化していけるという自信があったからですか?
成)いや〜全然。活動する前にいろいろ自分で計算してみたけど、計算上はどうやっても食べられそうになかったですよ(笑)でも、やりたかったから始めた。それだけです。

■ 食べられない事業は、社会に認められていないということ

東)任意団体をNPO法人にしたのはなぜですか?
成)事業を回すために法人化は考えていました。ただ、その形態に特にこだわりはなかったです。最終的にNPOか株式会社かどちらにしようか迷ったけど、社会教育とか子どもの健全育成とかが目的なので、NPO法人がしっくりくるかな・・・というくらい。あと、NPO法人は以前もやったことがあるので安心感もあったかもしれないです。

東)NPO法人の経験がすでにあったんですか?
成)会社に勤めていた時期も、キャンプ場の事業はNPO法人だったんですよ。NPO法人として塾とは別にキャンプ場の事業をやらせてもらっていたんです。なので自分でNPO法人を作った時も、その時のビジネスモデルを応用していった感じですね。

東)なるほど。NPO法人についてはある程度経験も、心構えもあったということですね。
成)そう、だから法人にした段階で、ちゃんと経営で食べていこうと思っていました。助成金とか補助金とかをアテにしていこうとは思わなかったです。

東)事業資金を得て運営していこうと?
成)もちろん。ビジネスで食えなかったら、その事業は社会に必要とされていないということ・・・そう自身に言い聞かせていました(笑)

東)実際はいかがですか?
成)順風でも、儲かるもんでもないですが、事業で資金を得て10年続けてこられたので社会に必要とされている事業だと思っていますよ。逆に「NPO法人だから助成金とかでなんとかしているんだろ」とか思われたりするのはかなり抵抗がありますね。

東)ああ。NPO法人全体だと、まだそういったダーク?なイメージもあるんでしょうか。
成)もちろんクリアなイメージもあるんですけど、「NPO法人は国のお金をうまくだましている団体」みたいなイメージを持つ人もまだ多いかなぁ〜と。まぁ、実際に善意を悪用するようなNPOがあるからそういったダークなイメージが広がってしまうんでしょうけど。

東)NPO法人って、毎年の報告義務もあるし、税金もあるし、高い透明性を保つためにけっこうやらなくちゃならないことも多いんですが・・・
成)多いですねぇ〜、本当に。あまりにも手続きや規制や義務があるので、たまに「NPO法人より株式会社のほうがラクなんじゃないか?」と思ったりしますよ(笑)

東)そうですね。手続きの複雑さなど、おっしゃりたいことは良くわかります(笑)
成)NPO法人という形態が世の中に登場して15 年も経つので、そろそろ現行のシステムの見直しなんかもして欲しいですね。きちんとやっていて伸びしろのあるNPO法人は、継続しやすいようにもっと手続きを簡易化するとかね。そうそう、補助とか、税金とかも見直して欲しいかな(笑)

>>インタビューの続きを読む

 

【ウェブサイト「NPOエール」とは】

「NPO法人に興味がある」、「NPO法人の立ち上げを考えている」…など、NPO法人に興味を持っている方々の不安や迷いを解消しようと、石川県のひがし行政書士事務所代表、東真稔が立ち上げたウェブコンテンツ。実際にNPO法人を運営している方々にインタビューした生きた言葉を掲載し、これからNPO法人を立ち上げようと考えている方々にエールを届けることを目的としている。