一般社団法人とNPO法人どちらがいいの?

一般社団法人設立

社会起業をするために法人化が必要な皆さまとお話をさせていただく中で、最近はNPO法人よりも一般社団法人を選択される方が多いなと感じています。社会貢献活動=NPO法人ではないので、色んな選択肢を検討しましょう。

NPO法人ありきではなく他の選択肢も検討する

皆様の多くはソーシャルビジネスを始めるにあたり、まず任意団体の法人化をご検討されますよね。幣所へのご相談もまずは「NPO法人をつくりたいんだけど…」というお話からスタートします。そこで一旦、お話をお伺いして私の方から「一般社団法人という組織形態もありますよ」とご提案をさせていただくと「そんな法人もあるんですね?ところで一般社団法人って何??」というご質問をいただくこともあります。

NPO法人は1998年に誕生しているので世間にもある程度は認知されていますが、一般社団法人は2008年の誕生からまだ歴史が浅いので、世間にあまり認知されていないのが現状のようですね。

しかし、せっかく一般社団法人という選択肢もあるわけですから、最初からNPO法人ありきで法人化を考えるのではなく、NPO法人と一般社団法人のメリット・デメリットなどを理解した上で、比較検討をして、お客様のやりたい事業に合った組織形態を選択されることが一番大切なのではないでしょうか。

一般社団法人とNPO法人のメリット・デメリット

一般社団法人もNPO法人も非営利組織であることに変わりはありませんが、それぞれに長所・短所があります。一般社団法人とNPO法人のメリット、デメリットについてはこちらの記事に分かりやすくまとめましたので、ご参照いただければ幸いです。

>>NPO法人と一般社団法人の違い

 


 

 

NPO法人で社会起業を志す方は必見です!

申請書類作成からNPO法人誕生までのポイントを押さえよう!

>>NPO法人のつくり方

現役NPO法人理事長の生きた言葉から運営ノウハウを学ぼう! No.5まで発行中!

>>NPO法人理事長インタビュー集「NPOエール」

この記事の著者

NPO専門行政書士 東 真稔(ひがし まさとし)昭和53年5月25日生まれ 愛知県出身。

社会人時代にNPO法人の運営に長年携わっていた経験を活かし、現在は石川県金沢市にてNPO法人、一般社団法人で社会起業を目指す方々を行政書士の立場から支援している。また、金沢の大学にて「大学生が3年間かけてやりたいこと・なりたいものを見つけるキャリアアップ講座」の非常勤講師を担当。幅広い分野で活動中。

趣味はサッカー観戦、娘と公園やカフェでデート、風景画。

東真稔オフィシャルブログ「NPO専門行政書士の歩み☆毎日がSailing Day」更新中。