NPO法人がゆうちょ銀行で口座開設する方法

NPO 助成金

NPO法人の活動をするにあたってお金は必ず付いて回ります。ということは法人用の口座が必要になりますよね。今回は一番身近ですぐに作ることができる「ゆうちょ銀行」の口座開設方法をまとめてみました!

ゆうちょ銀行での口座のつくり方

ゆうちょ銀行(いわゆる郵便局です)で通帳を作る場合、非営利組織であるNPO法人は株式会社や合同会社等の営利企業と違い、とても簡単かつ迅速に口座を開設することができるんです。

以下、口座開設に必要な書類などをまとめてみました。

理事長がゆうちょ銀行に行き手続きをする場合

NPO法人の代表である理事長さんが、直接ゆうちょ銀行の窓口に行って手続きをする場合に必要となる書類や証明証です。

①履歴事項全部証明書(登記簿謄本)1通
②NPO法人理事長の身分証明証(運転免許証や健康保険証等)※コピーは×。現物を持参する。
③銀行届出印として登録するNPO法人の印鑑
④定款やホームページなど法人の活動内容が分かるもののコピー

理事長がゆうちょ銀行に行けないので別の人が手続きする場合

理事長さんは都合が悪く窓口に行けないので、事務局長さんや他の会計担当者さんが手続きをする場合です。上記の①~④のものに加えて、以下のものが必要となります。

⑤窓口で手続きする人の身分証明証(運転免許証や健康保険証等)※コピー×。現物を持参する。

口座開設までにかかる日数

原則として、手続きしたその日に口座が開設されて通帳がもらえます。NPO法人は非営利組織のため即日開設が可能です。ここが営利組織との違いですね。

株式会社等の営利組織の場合は、準備する書類の数が多くなり、さらに即日開設もできず審査に通ったら数日後に開設という流れになります。

なお、実際に口座を開設する場合は、必ず事前に開設手続きをする郵便局にご自身でお問い合わせをしていただき、必要書類や手続きの流れをご確認ください。

 

NPO法人で社会起業を志す方は必見です!

申請書類作成からNPO法人誕生までのポイントを押さえよう!

>>NPO法人のつくり方

現役NPO法人理事長の生きた言葉から運営ノウハウを学ぼう! No.5まで発行中!

>>NPO法人理事長インタビュー集「NPOエール」

専門家に依頼する前に必ずお読みください!

>>専門家に依頼する際に注意すべき5つのポイント

この記事の著者

NPO専門行政書士

 

 

 

 

NPO専門行政書士 東 真稔(ひがし まさとし)昭和53年5月25日生まれ 愛知県出身。

社会人時代にNPO法人の運営に長年携わっていた経験を活かし、現在はNPO法人、一般社団法人で社会起業を目指す方々を行政書士の立場から全国的に支援している。また、金沢の大学にて「大学生が3年間かけてやりたいこと・なりたいものを見つけるキャリアアップ講座」の非常勤講師を担当。幅広い分野で活動中。

趣味はサッカー観戦、娘と公園やカフェでデート、風景画。

東真稔オフィシャルブログ「NPO専門行政書士の歩み☆毎日がSailing Day」更新中。