NPO法人設立に必要な書類

NPO法人の必要書類

NPO法人は各都道府県(政令指定都市)へ決められた申請書類を提出して審査に通らなければ設立が認められません。提出する書類は全部で11種類あります。では審査される提出書類ってどんな書類でしょうか?

1.設立認証申請書

これは提出書類の表紙となる書類で、「NPO法人をつくりたいので申請します」という申請書です。申請書自体はこの書類のみで、以下の2~11はすべて添付書類という扱いになります。

2.定款

日常生活を送っていてこの言葉を耳にすることはあまりないかと思います。これはNPO法人の名称や目的、運営などについての決まりごとをしっかりと文字にして定めておくものです。そのNPO法人に関わる人達みんな守って下さいねという憲法のような大事な存在です。

3.役員名簿

NPO法人の役員となる人の氏名や住所、各役員の報酬の有無を記載した名簿です。役員の氏名や住所は住民票と一字一句相違ないように記載します。

4.就任承諾及び誓約書のコピー

NPO法人の役員に就任しますという承諾と、NPO法に定められている欠格事由に該当していませんよということを誓約する書類です。原本はご自身で管理し、役所へはコピーを提出します。

5.役員の住所または居所を証する書類

役員全員の住民票を提出します。住民票が必要なのは役員のみです。

6.社員のうち10人以上の者の名簿

NPO法人立ち上げ時の初期メンバー10名の名簿です。役員もこの10人の中に含まれますので、役員が4名であればあと6人のメンバーが必要です。メンバーが10人以上いても書類上は10人のみ記載します。

7.確認書

これから立ち上げようとしているNPO法人は法律に違反していないちゃんとした団体ですよ、ということを確認する書類です。

8.設立趣旨書

どのような問題を解決するためにNPO法人設立を考え、これからどのような活動をしていくのか、などなどご自身のNPO法人設立に対する想いを文字で表現します。NPO法人のプロフィールのような書類です。

9.設立についての意思の決定を証する議事録のコピー

NPO法人を立ち上げるにあたり運営メンバーで総会を開催します。その総会での審議事項を書き留めたものを議事録と言い、原本はご自身で管理し、役所へはコピーを提出します。

10.事業計画書

NPO法人としてどのような事業を行っていくのかを「2.定款」に定めるのですが、それをさらに具体的な計画にしていきます。いつ、どこで、誰に対して、どのような活動を行うかなど、2年分の計画書を提出します。

11.活動予算書

事業計画書で定めた事業やNPO法人を運営していく上で出てくるお金の動きを書面に表します。こちらも事業計画書と同じく2年分提出します。

 

NPO法人設立申請で必要となる11種類の書類を簡単にまとめました。特に「定款」「設立趣旨書」「事業計画書」「活動予算書」は一般公開され、役所でも厳しく審査されます。設立後の運営が上手くいくかどうかに関わってくる書類ですので、しっかりとした書類を作成しましょう。