なぜNPO法人をつくる必要があるのですか?

NPO法人のつくり方

ご相談をいただいた際に、私から皆さまに必ずお尋ねすることがあります。それは「どうしてNPO法人をつくる必要があるのですか?」ということ。これにお答え出来ない方は1度、じっくりと考える必要があります。

なぜNPO法人にする必要があるのか?

「NPO法人をつくりたい。」そんなお問い合わせをよくいただきます。その場合、私から皆さまに「どうしてNPO法人なのですか?」と必ずお尋ねすることにしています。なぜかと言いますと、安易に法人化を考えていらっしゃる方があまりにも多いからです。

現在ボランティア団体などをされていて、人数が多くなってきた、動くお金の額が大きくなってきた、行政から委託事業を検討されている…などそれ相応のご事情があればお話は分かります。

しかし、ただ何か世の中に良いことをしたいから…というだけなら「法人」にする必要などありません。ボランティアだって立派な社会貢献活動なのですから。「自分に出来ることを、出来るときにやる」のであればまずは任意団体(ボランティア)から始められることをおすすめします。

あなたのやりたいことは「NPO法人」が適していますか?

一口に「法人化」と言っても様々な形があります。営利組織であれば株式会社、合同会社、非営利組織であればNPO法人、一般社団法人、一般財団法人…などがあるわけです。その中からなぜNPO法人でなければならないとお考えになられたのでしょうか?

それぞれの法人によって特徴が違います。メリットやデメリットももちろん違います。「社会貢献活動」=「NPO法人」ではありません。特に近年はNPO法人よりも一般社団法人の方が設立件数の伸び率は多くなっています。仮にNPO法人を設立された場合、その後運営していくのは皆さまなのですから、なぜNPO法人でなければならないのか、明確な答えが見つかってから法人化を検討してください。

まとめ

・なぜボランティアではなく法人にする必要があるのか明確に答えられますか?

・やりたいことをやりたい時にしたいのであればボランティア活動で十分です。「法人」にする必要はありません。

・法人化が必要な場合、なぜ「NPO法人」でなければならないのですか?

 

幣所はNPO専門の行政書士として全国のNPO法人、一般社団法人の設立、運営のお手伝いをさせていただいております。ただし、幣所はNPO法人や一般社団法人をたくさんつくりたいわけではないのです。

本当に法人化が必要な方に、一番適した法人形態をおすすめし、そして社会貢献活動を行っていただきたいと考えております。法人化する必要があるのか、どうすれば良いのか分からない…そんな時は一度、幣所までご連絡いただければ幸いです。