NPO法人とは?

ill-point-m2-l

NPO法人に興味があるけれどよく分からない・・という方のために、NPO法人ってどんな法人なのか概要を分かりやすくまとめてみました。

特定非営利活動法人ってどんな意味?

NPO法人の正式名称は「特定非営利活動法人」といいます。営利を目的とせず、特定の活動を行う法人ということになります。

「営利を目的としない」という意味

NPO法人は非営利組織なので営利を目的としていません。ただし非営利とは利益を出してはいけないという意味ではありません。ここでいう非営利とは、活動で上がった収益を構成員で分配せず、NPOの活動費として社会に再投資してくださいという意味です。

つまり収益を上げること自体には何の問題もありません。むしろ収益を上げなければNPO法人の運営が立ち行かなくなります。ここはとても多くの方が誤解をされているので、「NPO法人は収益を上げても良い」ということを正しく認識しておきましょう。

「特定の活動」とは?

特定非営利活動法人の「特定」とは、NPO法で定められている20の活動分野のことを指しています。

1.保健、医療又は福祉の増進を図る活動
2.社会教育の推進を図る活動
3.まちづくりの推進を図る活動
4.観光の振興を図る活動
5.農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動
6.学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
7.環境の保全を図る活動
8.災害救援活動
9.地域安全活動
10.人権の擁護又は平和の推進を図る活動
11.国際協力の活動
12.男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
13.子どもの健全育成を図る活動
14.情報化社会の発展を図る活動
15.科学技術の振興を図る活動
16.経済活動の活性化を図る活動
17.職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
18.消費者の保護を図る活動
19.前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
20.前各号に掲げる活動に準ずる活動として都道府県又は指定都市の条例で定める活動

活動分野は1つである必要はありませんので、この中から複数の分野にまたがってNPO法人で活動をすることも可能です。

行政から認められた「法人」である

有志でメンバーが集まって活動しているボランティア団体などの任意団体ではなく、NPO「法人」である以上、設立するには法務局で登記をする必要があります。また、NPO法人の設立に関しては、行政の審査がありますのでそこで認められないとそもそも設立することはできません。申請から設立まで約4ヵ月ほどかかります。

ここでご紹介したのはNPO法人についての概要です。実際に設立するとなると細かい法律上の条件など押さえておかなければなりません。幣所では初回無料相談を行っておりますので、お一人で悩まずお気軽にご相談ください。